超安いワイヤレスゲーミングマウス!わずか3000円台でオフィス用マウスとしても最適なLogicool G304 徹底レビュー【コスパ最強】

DEVICES

Logicool Gから発売されている低価格ワイヤレスゲーミングマウス”G304″。無線のゲーミングマウスは1万円越えは当たり前でハイエンドなものは1万後半にも渡りますが、なんとG304は3000円台で買えてしまう超お手頃製品です。しかしエントリークラスだからと言って性能を削っている訳ではなく、低遅延ワイヤレス技術「LIGHTSPEED」や省電力高性能センサー「HERO」も採用されており、申し分のない性能となっています。低価格で本格的なゲーミングマウスが欲しい / オフィス用に無線マウスが欲しい方におすすめなこの一品を徹底レビューしていきます。

製品の概要

G304は単3電池1本で駆動する計6ボタンを備えた左右対称ゲーミングマウスです。
本製品はLogicoolが展開するカラーコレクションの一つとなっており、写真のブルー以外にもホワイトブラックライラックに加えてLeague of Legendとのコラボ製品 KD/A LoL といった多種多様なカラーバリエーションが用意されています。

左から、ブルー、ミント、ライラック。

電池駆動ながら優れたワイヤレス性能

ゲーミングマウスでは珍しい電池駆動であることが一つの大きな特徴で、電力効率に優れた「HERO センサー」を採用していることもあり、バッテリー寿命は約250時間、頻繁に充電せずとも無線マウスを使用することができます。

しかし一つ注意点なのが採用しているHEROセンサーが最新の25Kセンサーではなく「12Kセンサー」であることです。ただ、私たち人間が使用していて気付けるような大きな性能の差はありませんので気にしないで全く問題ないと思います。

ワイヤレス性能についても申し分無く、Logicoolの超低遅延ワイヤレス技術「LIGHTSPEED」を低価格ながら採用しているので遅延は本当に一切ありません。Logicoolさんいわく、LIGHTSPEEDは有線よりも高速だそうです。

普通な材質感、普通な操作感

全体的な材質感は「普通のプラスチック」という印象でコーティングも施されていないため特別高級感を感じるわけではありません。しかし、カラーコレクションにおいては”あえて”この材質の方が似合っているような気もするので個人的にこの材質はマイナスポイントでは無いと考えます。

形状については、左右対称で全体的に平べったく、両サイドは若干丸みを帯びつつ底面にかけて絞られているのが特徴です。若干小さめな印象を受けますが、やや手の大きい筆者でも違和感なく使用することができています。

また、本製品は計6ボタンを備えていますが、計6ボタンとは言ってもその内訳は、右クリック、左クリック、ミドルボタン、サイドボタン×2、DPI変更ボタン の合計6つであるため、自由にカスタマイズできるボタンは実質DPI変更ボタンのみの1つです。筆者はメディアの再生 / 一時停止を割り当てています。→ 超便利!
また、マウスの右側にはサイドボタンが付いていないので左利きのユーザーの方は要注意です。

電池はマウスの前面を外して内部に入れる方式でレシーバーも電池の左に格納することができます。
外出時もマウス一台持てば良いだけの状態にできることは非常に素晴らしいですが、電池を入れる都合上マウスの重心が後ろになってしまうことに加えて、レシーバーが非常に取り出しづらいです。
重心が後ろになることによって生じる影響については後記します。

電池は付属している。

裏面のソールは以下の写真の通り控えめでマウスが思うようにスムーズに進まないこともありました。
もう少し広めのソールならば完璧だったなあという印象です。しかしそこまで大きな欠陥という訳ではなく、ゲーミング以外の用途ならば特に気になることはない程度でしょう。

また、裏面には電源スイッチが付いていますが、電源ONの状態でもマウスを使用していなければ電池が減ることはないので大方問題ありません。

付属品:電池は同梱済み

  • 取扱説明書など
  • LIGHTSPEED USBナノレシーバー
  • レシーバー延長ケーブル
  • 単3型乾電池1本

スペック / 基本性能

形状左右対称
接続方式ワイヤレス(LIGHTSPEED)
電池持続時間約250時間(単3電池1本)
ボタン数6
センサーLogicool HERO 12K
DPI200-12,000 DPI(50刻み)
ポーリングレート125 / 250 / 500 / 1000 Hz
LoD約 1 mm
表面素材プラスチック(コーティングなし)
サイズ‎3.82 x 6.21 x 11.66 cm
重量‎99 g(電池込み)
ソフトウェアLogicool G Hub
対応OSWindows / Mac

ゲーミングパフォーマンス

形状・持ちやすさ

「左右対称」「丸みを帯びていて小さめ」という特徴から「つかみ持ち / つまみ持ち」に最適な形状となっており、「つかみ持ち / つまみ持ち」ならば操作感が素晴らしい仕上がりとなっています。
一方で、小さめで浅めなつくりであるために「かぶせ持ち」はほぼ不可能であることに加えて、大きめの手のゲーマーはやや違和感を覚えるかもしれません。とはいえ形状ゲーミング用途として申し分のない出来だといえるでしょう。

ボタンの配置

ボタンの配置については良い意味で大きな特徴がありませんから、どのボタンも無難に押しやすい作りとなっています。
つまみ持ちならばサイドボタンと手が干渉することもなく、ストレスフリーでボタンも使用できることと思います。

重心・重さのバランス

ここまでは低価格ながらもゲーミングパフォーマンスにも欠点がない非常に素晴らしいマウスと言えましたが、電池駆動である都合上重心が大きな欠点となってしまっています。
G304は電池駆動に伴って重心が後ろにあるので、それがパフォーマンス面で最も大きな欠点となってしまっています。

具体的にはFPSプレイヤー向きの内容ではありますが、重心が後ろにあるためにエイムが安定しなくなる傾向にあります。
特に「マウスを引く」動作をする際に重心が後ろにあることが妨げとなり、操作感が低下してしまいます。「マウスを引く」動作は主にリコイルコントロールをする時に使いますからリコイル制御が他のゲーミングマウスに比べてやや難易度が高く感じる人もいることと思います。
FPS以外のゲームジャンルについては大方問題ないでしょう。

ただ、もちろんこれには個人差がありますのであくまでも筆者個人としての意見であることをご留意ください。

良い点まとめ:高性能ワイヤレスも使えるのにコスパが最強

  • 3000円台でHEROセンサー搭載
  • 3000円台で遅延なしのワイヤレス「LIGHTSPEED」搭載
  • 左右対称かつ整った形でフィット感が素晴らしい
  • 滑りにくい材質
  • 電池込みで100g以下と軽量

悪い点まとめ:FPSでの使用はパフォーマンスが落ちる!?

  • 電池駆動であるため重心が後ろになるためFPSではパフォーマンスが低下する(個人差有り)
  • マウスソールの面積が小さく操作に影響が生じる可能性がある
  • マウス内部に収納できるレシーバーが取り出しづらい
  • クリック音が少しうるさい

総合して考えるとオフィス用マウスとして最適!

このような「Logicool G304」ですが、「低価格でワイヤレスマウスが欲しい人」や「つかみ持ちやつまみ持ちで小型軽量なものを探している人」にはピッタリなゲーミングマウスだと言えます。

一方で、「重心が後ろにある」という欠点が大きな穴となり、FPSプレイヤーやコアゲーマーにとって最も大切な要素とも言って良い「操作感」が損なわれてしまうためにそういったプレイヤーにとっては少し手を引きたくなっちゃう要素も拭いきれていないなあという印象を受けました。

しかし、3000円台でLIGHTSPEEDによる遅延ゼロワイヤレスを搭載したマウスを手に入れられることはゲーマー非ゲーマー問わず超魅力的であることは間違いありません。
だからこそ、無線で新たなオフィス用マウスを探し求めているあなたに最も最適な選択肢だと言えるでしょう!お手軽に無線マウスが欲しいという方は是非一度これを気に無線の素晴らしさを体験しましょう!

他にも集めたくなる!Logicoolのカラーコレクション!

最後に…番外編ですが、前述したようにG304はLogicoolのカラーコレクションの一つとなっていますが、他のカラーコレクション製品も超魅力的なんです!

ピンク色でオシャレなヘッドセットに白色の洒落たワイヤレスキーボード!
気になった方は是非合わせて購入を検討してみてください。

SEEKER's Discussion

タイトルとURLをコピーしました